神待ち掲示板サイトと法律

未成年を守る、児童買春・児童ポルノ禁止法ってどんな法律?

投稿日:

神待ち掲示板サイトは情報を自分で記入するシステムなので、相手の情報が正しく得られない場合もあります。

そんな中でも、よくあるケースが「年齢の誤認識」というもの。

「数歳サバを読んでいた」程度なら笑い話ですむかもしれませんが、もし相手が未成年だった場合、取り返しのつかないことになります。

今回は、神待ち掲示板サイトで未成年と出会い、性行為をおこなってしまった場合に抵触する「児童買春・児童ポルノ禁止法」について、その定義や罰則、禁止されている内容について詳しく見てみましょう。

自分と相手を守るためにも、一度内容を確認してみてください。

児童買春・児童ポルノ禁止法の定義と概要

児童買春・児童ポルノ禁止法は正式名称、「児童買春・児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律」といいます。

この法律で定められた定義によると、「児童買春」とは、売買春仲介者や保護者、または児童本人に対して対償を供与することを約束したうえで、児童と性行為・性行為に類似する行為を行うこととされています。

また、「児童ポルノ」とは児童相手や児童本人の性行為・性類似行為や、衣服を身につけない児童の姿で性的興奮・刺激を誘発するものが描写されているもののことを指します。

これらの定義に抵触した行動は、法律によって禁止されているので、発覚した場合には懲役や罰金などを科せられることになるのです。

どんな行為が児童買春・児童ポルノ禁止法で禁止されているの?

それでは、具体的にどのような行為を行うと、児童買春・児童ポルノ禁止法に違反してしまうのでしょうか。

まず、児童の対象となる相手は18歳未満の青少年に当たります。

女児はもちろん、男児も18歳未満は児童買春・児童ポルノの対象内となるのです。

こういった相手に対して、お金や物品を渡すことを約束して性的な行為を行わることが児童買春・児童ポルノ禁止法で禁止されている行為となります。

ちなみに、「性的な行為」という意味には、直接的な性行為だけではなく、性器を触る、触らせると言った行為も含まれます。

また、児童ポルノと定義されたものを製造、販売、陳列しているだけではなく、所持・保管しているだけでも児童買春・児童ポルノ禁止法に違反していることになります。

ここで問題視されるのは、相手の児童が18歳未満であったと知らなかった場合です。

本当に18歳未満だったと知らなかった場合は、「故意は無かった」と主張できる場合もありますが、実際には少しでも「18歳未満かも」という疑いを持っていた場合、この主張は認められないことの方が多いようです。

児童買春・児童ポルノ禁止法に違反した場合の罰則とは?

児童買春・児童ポルノ禁止法の禁止されている内容について説明しましたが、実際に違反した場合にはどのような罰則が設けられているのでしょうか。

児童買春については、5年以下の懲役または、300万円以下の罰金という刑罰が設定されています。

ちなみに、刑罰が軽い場合には執行猶予が付く場合もあるようです。

児童ポルノ所持や販売、製造といった違反の場合、その内容によって刑罰が異なります。

まず、自身が使用するために所持していた場合は1年以下の懲役または、100万円以下の罰金、それを人に提供した場合は3年以下の懲役または300万円以下の罰金となります。

さらに、児童ポルノに定義されるものを不特定多数に提供したり、陳列して見せたりした場合には5年以下の懲役、または、500万円以下の罰金が処されることになります。

まとめ

このように、18歳未満の少年少女と性的な行為を行ってしまうと、自分の人生に消えない傷が生まれてしまいます。

とはいえ、神待ち掲示板サイトは18歳未満のユーザーは利用できないようなシステムになっていることがほとんどなので、あまり心配する必要はありません。

しかし、年齢を偽って登録している未成年がいないとも限りません。

神待ち掲示板サイトを利用する際にはルールやマナーを守り、出会った相手とはお互いの年齢などの情報をしっかりと共有し、幸せな時間が過ごせるように利用しましょう。

-神待ち掲示板サイトと法律

Copyright© 家出少女を募集して本当に出会える神待ち掲示板サイト紹介 www.youngbpw-europe.org , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.