神待ち掲示板サイトと法律

神待ち掲示板サイトは大人の健全な出会いの場。青少年保護育成条例を守って正しい利用を!

投稿日:

神待ち掲示板サイトの利用者として守らなければならないルールはいくつかありますが、中でも気を付けたいのが青少年保護育成条例違反になるような事をしないという点です。

これは青少年保護育成条例がどういうものかを理解していないと、気が付いたらこの条例の違反をしていて逮捕された・・なんていう事にもなりかねません。

相手の顔が見えないインターネットでの出会いは、このあたりの条例もきちんとチェックしておく事が、楽しい出会いのためにも必要であるといえます。

青少年保護育成条例とはいったいどんな条例なのか

最近では、有名な俳優さんが17歳の女の子を、深夜にバーなどに連れ出したことが青少年保護育成条例違反の疑いとなり、書類送検され、無期限の活動停止処分になったという事がありましたね。

最終的には、この方は不起訴処分となったようです。

元々は「18歳未満のものが深夜(夜10時~朝4時)に外出する場合は保護者同伴でないといけない」と定めたのが、最初と言われています。

各都道府県や市町村で名称に若干の違いがありますが、概ね、「青少年のための良好な環境整備に関する条例」や、「青少年の健全な育成に関する条例」となっている事からも分かる通り、18歳未満の青少年が健全な育成のために作られた条例です。

青少年保護育成条例ではどんなことが規制されるのでしょうか

この条例で規制される内容は以下のようなものが挙げられます。

  • 理由のない青少年(18歳未満)の単独の深夜外出の禁止
  • 青少年への有害図書販売の禁止
  • 青少年への着用済み下着の買受や売却受託、売却あっせんの禁止(ブルセラ等)
  • 青少年に対する淫行・わいせつ行為の禁止

神待ち掲示板サイトでも、青少年をそれとは知らず深夜に連れ出してしまうといった事や、ついつい誘惑に負けてわいせつ行為をしてしまうといったことが挙げられますね。

「知らなかった…」では済まされないので、このあたりは十分注意が必要です。

もし違反してしまったらどんな罰則が?!

各都道府県で罰則の内容にも違いがありますが、例えば青少年に対する淫行やわいせつ行為の禁止という事項で違反した場合、東京都では「懲役2年以下、又は100万円以下の罰金」という重い罰則が科せられます。

これは、行為を行った場合だけでなく、教えたり、見せたりしても同様です。

「知らなかった」、「合意の上だ!」と主張しても、簡単にあなたの主張を聞き入れてはくれません。

ですが、優良な神待ち掲示板サイトは、基本的に年齢認証なども行われますので、ルールを守って利用していれば問題ないはずです。

ですが、万が一、18歳未満の青少年とやり取りした場合は、ここで説明した罪に問われるという事を忘れず、絶対に関わらないという気持ちを持つ事が大事です。

-神待ち掲示板サイトと法律

Copyright© 家出少女を募集して本当に出会える神待ち掲示板サイト紹介 www.youngbpw-europe.org , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.